YouTubeはこちらをクリック

多忙な日々—タロット占いを始めようか考え中

残業続きで寝るためだけに家に帰っている日々。仕事が嫌いなわけではないですが、どうにか心にゆとりを持たせるために何か対処法はないかと考えました。

昔から人並みに占いが好きだけど、霊感等のスピリチュアルな面は全く持ち合わせていない私。一時期、生年月日から人生を読み解くことができる「算命学」にハマっていたこともありました。

年に1回は手相占いをしてもらい、その年の過ごし方をイメージするのも習慣化しています。

現在の仕事は繁雑な事務処理もあれば、コンサル的な人との関わりもあるので、「自分の色」を出してオリジナル性を出すのも面白いかと思い始めた今日この頃。タロット占いで人と接するのも案外悪くないのでは…?

実は「英語で占いができる占い師になろう」と3年前に考えたことがあります。東京オリンピックを迎えるにあたり、外国人のインバウンドを期待して何か新しいことができたらと夢見ていたのです。

周知のとおり、新型コロナウイルスの到来により忘れかけていた夢。2022年、この1年間独学で勉強して多くの人を占うことで(もちろん無料)、さらに大きなものを得られる気がしてきました。

全くのド素人が占いの勉強をしていく過程を是非ご覧ください!

タロット占いは必然

これを説明する前に、運命的な言葉を紹介させてください。

偶然を必然に変えるのは自分しかいない。

これは、高校時代に数学の先生が授業中に発していた言葉です。この時「たしかにそうかも。」と強く印象に残り、私のモットーとして今も心に残り続けています。

人生色々なことが起きますが、「たまたま」生じた出来事は、必然的に起きたと考えています。一つ一つの出来事に意味を見出して、それが結果につながった際、良い結果でも悪い結果でも案外納得できるものです。

タロット占いは、この「必然性」に注目した占いです。

数あるカードの中からたまたま引いたもの。それは引くべくして引いたカードです。これを大前提にストーリーが生まれるタロット占いは、私にとっても「何か新しいことやりたい」「あ、タロット占いやってみようかな」という思いつきに対して、タロット占いはやるべきだという必然性を感じました。

この言葉に心が少し揺れ動いた方、数あるネット情報の中でたまたまこの記事を見た方、それは何かしらの必然があるかもしれません。

…と前置きをしたところで、タロットカードを買おうと思います!

種類が多すぎる…!?購入までの道のり

本やインターネットで勉強を始めようと思っても、実物に触れないと何が何だか分かりません。

とにかく楽天市場で「タロットカード」と検索することにしました。

調べたところ、オーソドックスなのはアーサー・エドワード・ウェイトという方がデザインしたウェイト版。もしくはそれがライダー社から発売されていたので、別名ライダー版とも言います。

その他、可愛いデザインもたくさんあります。

色々絵柄があり、迷ってしまいますね…。

ここで決めた条件が

①缶に入っていること

②初めて購入するのでオリジナルのデザイン

としました。そもそも、色々な絵柄があるオラクルカードはタロットカードとは異なり、カードのリーディングも自由!(こういうことすら知らなかった…)

ハワイのマナカードや、エンジェル系カード、フェアリー系カード、ドルフィン系カード、神様系カード。かなりの種類があります。どれもセルフケアのためのセラピーの一環であり、占いではありません。神のお告げでもありません。

今回私がやりたかったのはタロット占いなので、迷わず缶ケース入りのウェイト版カードにしました♡

そして、タロットカードを実際に扱う時のためにタロットクロスも一緒に購入しようと思います。

色は…神秘的な雰囲気を醸し出すためにパープルをチョイス!

形から入る私ですが、こういう趣味のための勉強は大好きなので、2022年はタロット占いの勉強をかねて、場数を踏んでいけたらと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました