お花のサブスク、まとめてみました✿

おうち時間が長くなり、コロナ前だったらそこまで気にしていなかったことも気になるようになりました。少しでも快適な空間を作りたい、生活をちょっと豊かにしたい、そんな気持ちも自然と生まれるようになりました。

2021年のふるさと納税でも、そんなことをテーマにお花のスワッグや観葉植物等を選びました。

ここで、Instagramとかにも広告が出ている「お花のサブスク」にも興味を持ち始めました。ですが、有名なサブスクショップだけではなく、意外とたくさんの選択肢があることを知り、これを機にまとめてみようと思います。

お得に綺麗を楽しめるお花のサブスクはどこなんでしょうか!一人暮らしで、そこまで多くの花を必要としないという私の目線で、1位を決めていこうと思います♡

bloomee

まずは「お花のサブスクといえばこれ!」というbloomee(ブルーミー)から見ていきます。

上記のリンクからbloomeeのホームページに飛ぶと、数秒後にポップアップで「期間限定キャンペーン」として定期便が初回無料になるクーポンコードが出てきます。

私が気になるのはレギュラープランでお花の本数は4本以上。毎週か隔週かを選択できますが、隔週が希望です。

気になるお値段は880円+送料385円で、1回あたり計1,265円です。

1か月となると2,530円ですね!

bloomeeは、新鮮なお花が郵便ポストに届くという手軽さを売りにしています。広告にも力を入れているだけあって、Instagramでもよく目にしますし、その成果が3万世帯を虜にしているだけあって実力派の印象です。

&flower

シンプルな印象を受ける&flower(アンドフラワー)です。あまり広告を見たことはありませんが、センスの良さが根強い人気のサブスクショップです。

こちらは1つのプランしかありませんが、bloomeeのレギュラープランとほとんど同じ内容です。お花とグリーンを合わせて4~5本であり、毎週・隔週・毎月の3つの頻度から選択することができます。

価格も同じく 880円+送料385円で、1回あたり計1,265円です。

1か月あたりのお値段は2,530円です!

初回無料等のキャンペーンがないところが少々残念ですが、今後お住まいエリアのお花屋さんをお気に入り登録することで、より新鮮なお花を届けてくれるサービスがリリースされるそうです。

まだまだ駆け出しとの印象ですが、さらにオリジナルの何かがあれば一気に伸びる予感がします。

ちなみにこちらもbloomeeと同様、郵便ポストに投函されるスタイルなので、忙しい人にとっても安心なシステムです!

LIFULL FLOWER

こちらは元々記念日や贈り物としてのフラワーギフト専門でしたが、定期便もスタートさせたLIFULL FLOWER(ライフルフラワー)です。

LIFULL FLOWERは、摘みたての新鮮な花が何種類も並ぶ花市場から厳選した花をお届けしています。

お花の廃棄ロスをなくす取り組みもしているため、サステナブルにも力を入れていることが分かります。

ライトプラン・セルフアレンジプラン・スタンダードプランの3つのプランがあり、それぞれライトプランがグリーンを含む3~4本の花で月2回のお届け、セルフアレンジプランがS(グリーンを含む~8本)とL(グリーンを含む~12本)で月1回のお届け、スタンダードプランは具体的な本数が書かれていませんが、月1回か月2回かを選べます。

私が気になるのはライトプランで、税込・配送料込で858円

1か月あたり1,716円ということで今のところ最安値ですね。このライトプランだけ郵便ポストに投函されるスタイルです。

ちなみにセルフアレンジプランSは1,958円、Lは3,278円、スタンダードプランは2,680円です。

特にスタンダードプランは届いたらすぐ飾れる容器にお花が入っているため、忙しい人も手軽にお花を楽しむことができます。

個人的には将来ゆっくりとお花を楽しめるのであればセルフアレンジプランをやってみたいとも思っています。

シンプルに切り花のみのお届けとなるので、自分で自由にお花を活けたい方やお花のボリュームをお求めの方にピッタリとのこと。

LIFULL FLOWERのポイントが上がってきました!!

HitoHana

HitoHana(ヒトハナ)はお花の本数や色を自由に選ぶことができるカスタマイズが可能なサブスクサービスです。

驚くほど組み合わせが多数あるのですが、ボリュームは2~4本:990円(←2本だったら少ないと感じるかも…。)、5~8本:1,650円(HitoHanaオススメサイズ)、8~10本:2,200円、9~13本:2,750円、11~14本:3,300円、14~18本:4,400円、19~22本:5,500円です。結構幅がありますね。

頻度は、毎週・隔週・月1回から選べます。

お花のカラーも、おまかせ・ホワイト&グリーン・レッド・イエロー&オレンジ・パープル・ブルー・ブラウン・ピンクから選べるので、お部屋のインテリアに合ったお花を選ぶことができます。個人的にはブラウン系のお花とかオシャレだと思います。

あえて1番安いボリュームでもポスト投函ではなく、宅配業者が大切に配送するという他のサブスクサービスとは異なるスタイルです。

予算に合わせて、もしくは部屋の大きさやインテリアカラーに合わせて自由にお花の量・色を選べるHitoHanaは、少し高級感がありますが、一人暮らしでなければ選びたくなるサブスクショップです!

FLOWER

ネーミングがそのまま過ぎるFLOWER(フラワー)です。

こちらはとにかく可愛いお花が好きな人にはぴったりのサービス。それもアプリで色々管理することができ、季節やトレンドに合わせてプロがセレクトした雰囲気の異なる複数のお花から毎回好きなものが選べます。

郵便ポストに投函されるスタイルなので不在時も安心ですが、アプリがお知らせしてくれるのでより新鮮な状態で飾ることができます。

プランは1つのみで、お花とグリーンが5~7本入って880円、それに送料396円を足して1回あたり1,276円です。

月2回の配送なので、これはちょうど良い頻度ですね。1か月あたり2,552円になります。

アプリで管理できるのが嬉しいし、何より可愛いお花に統一されているところがキュンとします。

Hana Prime

Hana Prime(花プライム)はボリューミーなお花を届けてくれる定期便です。

1週間に1回、2週間に1回、3週間に1回という頻度から選べることができ、ボリュームも7~10本(1,500円)、13~16本(3,000円)、21~24本(5,000円)、30本以上(10,000円)という設定です。

もう少しライトなプランが欲しい(3~5本で750円とか)と思いますが、部屋がたくさんある方のように量を必要とする方にはオススメです。

なお、初回のみ50%オフのクーポンコードを使うことができます。

LIFFT

LIFFT(リフト)はお花と、お花を楽しむためのちょっとした情報誌である(LIFFT Journal)をセットにした定期便がメインです。

お花は9本程度であり、月1回3,300円。他にも初回のみ4,180円で花瓶が付くプランもあります。

私が1番気になったのは「コーヒー豆セットプラン(月1回5,280円)」です。お花とジャーナルの定期便に加えて、ブルーボトルコーヒーが季節ごとに世界中から買い付ける旬のコーヒー豆(200g)がセットで届く豪華なセット。

花を愛でながら美味しいコーヒーを淹れて楽しむという何とも贅沢な時間を過ごすことができます。今までお花の量等で月2,000円を切れば良いという目安が何となくありましたが、月5,000円で贅沢な時間を楽しめるならアリかもしれない、と思い始めました。

飲み会1回分の値段で心が豊かになるんですよね?(そう考える心が貧しいかもしれませんが)

最近コーヒードリッパーも購入したので、時間さえ許せばこういうプランを選択するのも良いかもしれません。

ma fleur

ma fleur(マ・フルール)は、東京から「高品質」「低価格」「新鮮」なお花を届けてくれるサブスクサービスです。

プランは1つしかなく、配送頻度も月1回(毎月第1金曜日)のみという点で選択肢はありません。1回1,980円に送料が750円かかるので計2,730円ですね。お花の量は8~10本です。

ただし、定期購入として3か月コース・6か月コース・12か月コースがあり、12か月コースを選べば通常価格より2,200円お得になります。

低価格を謳っているとはいえ、他のサブスクサービスと比べたら割高感がありますね。

こちらはポスト投函ではなく、配送業者が届けてくれます。

ハナノヒ 365days

こちらは本格的にお花を楽しみたい人のためのサブスクサービスです。

DEAI(出会い)が月1回3,850円で、お花を楽しんでいただく「出会い」となるように、プロがセレクトする季節にぴったりのお花をお届けするプランです。

NAGOMU(和む)が月1回6,050円で、美しい色合いと花姿で魅了するバラたちに癒され「和む」ように楽しんでいただく、プロがセレクトする1本バラやスプレー咲きのバラをお届けするプランです。20本以上のバラのアソートが入っています。

KURASU(暮らす)が月2回で6,600円で、お花たちと「暮らす」ように楽しんでいただく、プロがセレクトする季節にぴったりのお花をお届けするプランです。1回目と2回目で違った印象のお花たちが入っています。

前田有紀さんと華やぐお花たちが月1回4,950円で、フラワーアーティストの前田有紀さんがお届けするお花の産地とお花の種類のセレクトなどを監修した、花と過ごす暮らしをもっと楽しく豊かにしていただくためのスペシャルコースです。

全体的に高級感がある値段設定で、特にバラのコースはワンランク上の楽しみ方ができそうですね。一人暮らしには敷居がかなり高いですし、お花をちょっと楽しむため…ではありません。

さらに面白いのが、お花+αのコースもたくさん用意されている点です。

「OZMAGAZINEと旅するお花たち 花のまど(月1回3,850円)」、「お茶と親しむお花たち 嬉野茶時 (月1回3,850円) 」、「サダハル・アオキのコンフィチュールコレクション (月1回3,850円)」、 「器と遊ぶお花たち(WITH CRAFTAL)ーフラワーベース&マグ2個セットー(月1回6,380円)」、「器と遊ぶお花たち(WITH CRAFTAL)ーフラワーベース&マグ・プレート2個セットー (月1回8,800円)」、「器と遊ぶお花たち(WITH CRAFTAL)ーフラワーベースセットー (月1回4,400円)」と、タイトルだけでワクワクしそうなものがあります。

おうち時間を極めたい方にはオススメのサブスクサービスです。

medelu

medelu(メデル)は少し新しいタイプのお花のサブスクサービスです。

medelu公式ページはこちらから

どんなインテリアに合うかを1番に考えており、どんなお部屋の雰囲気にもマッチするANYROOMコース、シンプルで洗練されたお部屋に合うMODERNコース、自然な温もりのあるお部屋に合うNATURALコースの3つがあります。

ANYROOMコースはLITEが5~6本で1,240円、LITE+が6~8本で1,540円、そしてBASICが6~9本で2,178円です。

MODERNコースは LITEが5~6本で1,570円、LITE+が6~8本で1,870円、そしてBASICが6~9本で2,508円です。

NATURALコースは LITEが5~6本で1,240円、LITE+が6~8本で1,540円、そしてBASICが6~9本で2,178円です。

MODERNコースが少し割高ですが、確かにそれだけのオシャレなお花の組み合わせだといえます。

どのコースも毎週か隔週かを選ぶことができます。

インテリアと合わせることができる点で、HitoHanaのサービスにも近いですが、部屋の雰囲気に合わせてという点がオリジナル性が高いですね。

BIONIC PLANTS

知る人ぞ知る、デザイナーが手掛けたアレンジで高級感が漂うBIONIC PLANTS(バイオニックプランツ)のサブスクサービス、WEEKLY FLOWERです。

WEEKLYという名のとおり、基本的には毎週ポストに届きますが、希望によっては隔週も可能です。

気になるお値段は650円+送料290円の計940円!こちらも隔週であれば1か月あたり1880円という2,000円を切る安さです。

センスがかなり良いのにこのお値段…。

レビューではカビが生えていたりお花が折れていたりという残念な点もちらほら見えました。

個人的には気になりますが、気持ちがレビューに引っ張られてしまいますね。

ピュアフラワー

「季節のお花がたっぷり届く」「お住まいの近くの店舗から配送する」というお花の定期便ピュアフラワーです。

1回あたり税込920円で、月2回プランのみなので1か月あたり1,840円です。もちろん送料込みなのでこれ以上の金額はかかりません!

プランは1つしかありませんが、毎回季節のお花が3~5種類届きます。これが3~5本ではなく「種類」というところに注目です!!同じ種類のお花が数本入っているので、かなりボリューミーです。

1か月あたり2,000円を切るのはかなりお得です!LIFULL FLOWERと迷ってしまいますね…。

宅配業者はなんとピュアフラワーのスタッフ!!

お支払いだけは玄関先で現金でお渡しするか、振り込み用紙をもらって後日入金という古めかしいスタイルなのが気になります。今後オンラインでの支払いができれば一気に伸びそうなサービスですね。

まとめ

全部で12個のお花のサブスクサービスをまとめてみました。自分が購入するための参考として調べてみた次第ですが、比較してみてもまだまだ迷いますね。

そんな私(一人暮らし30代OL)が今後やってみようとしているのが…

①まずはbloomeeの初回お届け無料を試す(1回で解約)

②LIFULL FLOWERのライトプランを申し込む

という流れです。

今後、お花も暮らしに取り入れられたらと思っています✿

また、生活環境が変わったらワンランク上のサービスに挑戦してみるのも視野に入れています。一人でお花を楽しむのと、複数人で同じお花を楽しむのを比較した場合、また価値が変わってきますからね。

サブスクは何が届くかワクワクするのが醍醐味!

コメント

タイトルとURLをコピーしました