TRAVELER’S FACTORY KYOTOに行ってみた!

手帳

日本で4店舗目となるトラベラーズファクトリーが2020年6月11日にオープンしましたね。京都市の烏丸御池駅からすぐのところに、どこかノスタルジックだけどアートを感じる建物があります。それが「新風館」です。周囲は緑で囲まれています。

新風館 ShinPuhKan
生まれ変わる「新風館」は、アジア初上陸となる「エースホテル京都」、ミニシアター「アップリンク京都」をはじめとした全20店舗の商業ゾーン、施設と地域に賑わいをもたらすポップアップスペースを備え、生まれ変わります。

中に入っていくと、左手の壁に案内板がありました。トラベラーズファクトリー京都は1階にあるようです。ちなみにですが、私が大好きで愛用している香水屋さん「LE LABO」も隣にあります。

さらに見渡すと、そこにはすぐ中庭があります。開放的な空間で良いですね。

この日は天気も良かったので、ベンチ等に腰かけている人が多かったです。中庭にもグリーンがたくさんあるので、涼しさを感じますね。

トラベラーズファクトリー京都は、入口から入って反時計回りで進むとすぐ右手に見えてきます。

この入口を目にした瞬間、道端で偶然旧友に会ったような感覚で、「こんなところで君に出会えるとは!!」という高揚感がありました。これで全店舗制覇できるのかというクエストのような感覚もありました。

このような商業施設内にあるため、私のようなトラベラーズファクトリーだけを目的で来ているトラベラーズノートユーザーだけではなく、ちょっと通りがかりで立ち寄ってみたというような方々が老若男女問わず訪れていました。

こうやって知名度が上がってファンがどんどん増えていくことが嬉しいですね!

さて、店内はというと、京都を満喫できるディスプレイがオシャレに配置されています。

DSC_3497

どれも絵になりますね。

もちろん忘れてはいけないのが京都限定グッズのコーナーです。

限定という言葉には弱い…。もちろんレギュラーサイズのカバーと茶葉濾込紙でできた抹茶色のリフィルを購入してしまいました(笑)

ちなみにブラスチャームではなく、「京都=和」というイメージから、限定ではありませんが水引チャーム(赤)をアクセサリとしてチョイスしました。謎のこだわりです。

もちろん、京都限定スタンプもたくさんあったので、既に持っている手帳に押していくのも良し、買ったばかりの京都限定リフィルに押していくのも良し。アルコール消毒も完備されているので安心ですね。

ちゃんと京都限定のレギュラーサイズの本体カバーに、茶葉が入ったリフィル、水引チャームを購入!

手帳の使い分けをどうしようか考えるだけでワクワクします。

なかなか旅行ができない分、日常の何かを綴れる使い方ができると良いですね。

YouTubeにも動画を上げました。店内全体の様子が分かるかと思うので是非観てみてください。

SUB| トラベラーズファクトリー京都に行ってみた| TRAVELER'S FACTORY KYOTO| VLOG #10

コメント

タイトルとURLをコピーしました