全国通訳案内士が知っておくべき法令⑨全国通訳案内士等の積極的な活用について

試験対策
Sponsored Link

全国通訳案内士を目指している方は、筆記試験で問われる科目である地理や歴史を中心に勉強し、「一般常識」や「通訳案内の実務」についてはほどほどに、という方がほとんどかもしれません。受験のコツとしては正しいですが、時間に余裕があれば全国通訳案内士に必要な法令や通達にも一度目を通しておく必要があります。

今回は、観光関係各団体会長さんへ観光庁観光地域振興部観光資源課長さんが出した通達である「全国通訳案内士等の積極的な活用について」の解説をしていきます!

Sponsored Link

本文

平素より国土交通省観光行政にご理解・ご協力を頂きありがとうございます。

いえいえ、こちらこそ!(え)

通訳案内士制度については、業務独占規制により、外国人に対して有償で通訳ガイドを行う場合には「通訳案内士」の資格を要するところでしたが、本年1月4日より「通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正する法律」(平成29年法律第50号。以下「改正法」という。)が施行され、通訳案内士制度の業務独占規制を廃止するほか、「通訳案内士」を「全国通訳案内士」と、各特例法に基づき導入されていた各地域特例ガイドを「地域通訳案内士」とする等の見直しを図ったところです。この改正により、通訳案内士の資格を有さない方でも、有償で通訳ガイドを行うことが可能になるため、今後は、多様な主体が通訳ガイドに参加することが予想されます。

「本年」というのは2018年のこと!この改正法により、通訳案内士業界はガラリと変わったんですね。無資格者のガイドが有償で働けるのはかなりインパクトのある出来事だったと思います。

一方で、全国通訳案内士は、高い語学力や日本の地理・歴史・文化等について深い知識を有する者、また、地域通訳案内士は、特定の地域について、その固有の歴史・地理・文化等の現地情報に精通した者として、又は地方公共団体から資格を付与されたものであり、急増する訪日外国人旅行者や多様化するガイドニーズに的確に対応するためには、これら有資格者を積極的に活用していくことが重要と考えています。

良かった!国もちゃんと有資格者の味方なんだね!

つきましては、訪日外国人旅行者に対して満足度の高い通訳ガイドを提供する観点から、旅行商品等に通訳ガイドを手配する場合には、全国通訳案内士や地域通訳案内士を積極的に活用する等の対応をお願いするとともに、貴協会(団体)傘下会員に対してその旨周知願います。

有資格者には満足度の高い通訳ガイドが求められているってことで、より一層自分の知識の研鑽に励まなきゃと思います。

また、改正法により、旅行業者等は、旅行者と旅行業務に関する契約を締結した際には、全国通訳案内士又は地域通訳案内士の同行の有無等を記載した書面を交付することとしており、この点についても適切に対応されるよう周知願います。

おー!これは初耳でした!!この通達によれば、日本に来ている海外からの観光客は、ちゃんと全国通訳案内士や地域通訳案内士の同行の有無について意思を示していることになるんだね。

まとめ

ということで、今回は有資格者である全国通訳案内士や地域通訳案内士を積極的に活用するために、旅行業者も観光客に対して毎回ガイドが必要かを確認してねという通達の紹介でした!

無資格でお金をもらいながら通訳ガイドができる時代、やっぱり待遇に差をつけてあげるのは当然ですね。ちゃんと通達で広く徹底しようとしてくれている姿勢はありがたいです!この期待に応えられるように、有資格者や全国通訳案内士を受験する人は日々頑張らないといけないですね。

その他の関係法令は以下の記事をチェック!

全国通訳案内士が知っておくべき関係法令まとめ
全国通訳案内士を目指している方は、筆記試験で問われる科目である地理や歴史を中心に勉強し、「一般常識」や「通訳案内の実務」についてはほどほどに、という方がほとんどかもしれません。受験のコツとしては正しいですが、時間に余裕があれば全国通訳案内...

コメント

タイトルとURLをコピーしました