2021年度の全国通訳案内士の試験は実施されない?(5.24更新)

かれこれ1年間以上、コロナウイルスの影響により、各種試験が不透明となっています。2020年は5月中旬に実施の旨と試験日程が発表されました。今年は去年よりもコロナの感染者数が増加しており、ワクチンの接種状況も芳しくありません。引き続き、実施の可否について注目する必要がありそうです。今年受験を考えている方にとっては4か月後に控えた全国通訳案内士筆記試験がどうなるかは大きな問題ですよね。

5月19日時点で、決定ではありませんが日程が発表されました。

筆記試験:9月26日(日)

口述試験:12月12日(日)

予想どおり、今年はオリンピックの開催日程の影響を受けて後ろ倒しになりましたね。ひとまず実施する方向で準備、調整中とのことで良かったです。

3度目の緊急事態宣言により、旅行産業は大打撃を受けています。今はとにかく#STAYHOMEですが、アフターコロナの楽しみとして今後の旅行計画を立てている人が大多数ですよね。晴れてコロナウイルスに打ち勝った時には爆発的に旅行産業が盛り上がる時期が来ると信じています。

【参考】2020年度の試験日程

日本政府観光局のホームページに掲載されている情報です。

◇願書配付・受付:    2020年 6月 1日 (月) ~ 6月 24日(水)
◇筆記試験:      2020年 8月16日(日)
◇筆記試験合格発表:    2020年 11月 5日(木)
◇口述試験:            2020年 12月13日(日)
◇最終合格発表:          2021年 2月 5日(金)

様々なことが新しいスタイルにてできるようになっていくことが期待されているアフターコロナ。むしろ悪化していることが非常に悩ましいですが、おうち時間を楽しむための休息時間と思って、プラスに捉えていきたいですね。

私はTOEICのIPテストでこそ905点を取得できましたが、公開テストではまだ885点です。焦る必要もないと思っているため2021年度の全国通訳案内士受験は見送りますが、今年度受けようと考えている方は是非ともモチベーションを保ったまま頑張ってください!!

引き続き新しい情報があったら更新していきたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました