全国通訳案内士公式バッジのデザイン決定!

試験対策

TOEICの勉強ばっかりで実際に「全国通訳案内士」の勉強はなかなかできておりませんが、嬉しいニュースがありました。

それは、2020年3月19日に全国通訳案内士に合格した人しか着用することができないピンバッジのデザインが決定したとのことです。

全国通訳案内士が着用するバッジのデザインが決定しました! | 2020年 | 報道発表 | 報道・会見 | 観光庁
2008年(平成20年)10月1日に発足した観光庁の公式ウェブサイトです。観光庁の紹介や観光立国実現のための施策などを紹介しています。

ゴールドに光り輝き、富士山のデザインを模したシンプルなデザイン。どんな服にも合いそうですね!「全国通訳案内士」の英訳は、恥ずかしながらwikipediaに載っているNational Government Licensed Guide Interepreterしか知りませんでした。こちらが正式名称なのには変わりありませんが、ピンバッジにあるJapan Licensed Guideは長すぎず分かりやすくて非常に良いですね!今後は私もこちらの単語を使用しようと思います。

コロナウイルスの影響で訪日外国人観光客が激減している現状であり、外国人ガイドとして生計を立てている方には大打撃ですよね。観光という第3次産業は生活に必要なことではなく、平和と健康あっての娯楽ということで、今までどれだけ恵まれた世界にいたのかを痛感します。

さて、資格を持っていなくても外国人ガイドをすることができる今、このピンバッジを着用してガイドをすることがいくらか誇りとなることでしょう。そして私たち日本人や国内に知らしめるのではなく、日本を訪れようと思っている海外の人に、このピンバッジを着けている人と着けていない人の違いや意義をしっかり教えていくことが重要ですね。

このニュースにより、またモチベーションが改めてアップしてきました。引き続きこのピンバッジを着けられることを目指して、勉学に励んでいきましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました