全国通訳案内士の勉強に使用中の教材はこれだけ!!

思い立ったが吉日とは言いますが、【全国通訳案内士】という言葉に出会い、興味を持ち始めてすぐに用意した本はこの2冊だけです。

まずは1冊目の紹介!


全国通訳案内士試験「地理・歴史・一般常識・実務」直前対策 [ 植田一三 ]

この本はタイトルに大々的に「直前対策」と書かれていますが、私のような何も知らない初心者のように「まずは手始めにどんな試験なのかその範囲や概要を押さえよう!」と考えている方にはかなりおすすめです。

地理」「歴史」「一般常識・実務」といった筆記試験の各科目をこの1冊で網羅できているのは非常に嬉しいです。

使用感としては、「地理」からこの本が始まるのですが、イメージ的に北海道からスタートするかと思いきや…という予想を裏切るスタイル!(笑)

途中途中ではコラムとして合格者の勉強方法が載っているのですが、それが王道から少し外れる感じがまたおもしろい!たとえば、『切手集めが趣味で全国の「国立公園」の記念切手を集めていたので試験でも簡単に分かりました!』とか。私には切手集めの趣味がないので、到底このような勉強方法(?)は合わないのですが、みんな人それぞれ独特の勉強をしているんだと思ったら、根拠のないやる気が出てきました!

日本地理や日本史がそこまで得意でない私(世界史選択でしたが世界史も記憶の果て…)ですが、旅行で観光地を巡ることは大好き!

きっと全国通訳案内士を目指している方も旅行が好きというのは前提条件なのかもしれませんね。

特に「〇〇集め」というコレクターではありませんが、社会人になってから色々な土地へ足を運ぶことが多くなり、文字だけでなく足で踏みしめた知っている地名が出てくると、その情景が思い浮かぶというのは大きな強みです。これからも教科書だけの勉強ではなく、実際にその土地を訪れて地の物を味わい、その自然に触れる楽しみをモットーに学んでいきたいです。

その手助けをしてくれる参考書として、知識を整理するうえでオススメです!


次に紹介する2冊目の本はコレ!


英語で説明する日本の観光名所100選[植田一三]

「筆記試験が受かってから2次試験の勉強をしよう」と当初思っていたのですが、公式ホームページを見てみると筆記試験の合格発表から1ヶ月後に2次試験がやってくることに気付いてしまいました。

2021年度全国通訳案内士試験|全国通訳案内士試験|日本政府観光局(JNTO)

これは筆記試験の勉強と同時並行に進めないと、到底間に合わないということで急遽購入しました。 この2次試験(口述試験)では、自分が選択した言語でのコミュニケーションスキルが試されます。

筆記試験で免除される英語の能力はTOEIC900以上もしくは英検1級ですが、このレベルを保持しているからといって地理や歴史に関する専門用語はスラスラと口から流れてこないですよね。 なので、実は一番手強いのではないかと危惧しています。

2次試験では「通訳」という項目もあり、その方法を身に付けていない方にとってはなかなか厳しいものがあります。この本では、タイトルのとおり、日本全国の観光地を英語で説明してある本です。専門用語ばかりで一人ではなかなか綺麗に英語で説明できません。

こう考えると、観光産業はビジネス英語の世界とも言えないので、もしかしたらTOEICよりも英検の方が語彙の幅が出るのかもしれませんね。

実際の試験で何が問われるかはもちろんわかりません。そのためには、この本に書いてある模範解答を丸暗記するのではなく、自分の言葉でプレゼンする訓練が必要不可欠です!


【全国通訳案内士】という資格だけが欲しいわけではありません。これが最終目標なのではなく、【全国通訳案内士】という資格をもって日本に観光に来てくれた外国人をもてなして喜んでもらえることが目標です!…というのは言うまでもないのかもしれませんが、そういう意味ではこの2次試験は実践的であり、日頃から2次試験に向けて勉強していくのが一番の近道だと感じました。

ということで、1冊目で紹介した「地理」と「歴史」を一通り網羅したところで、そこで学んだ内容や自分が実際に訪れて伝えたいことを英語でノートにまとめていこうと思います。

ちなみにまとめ用に使うノートがこれです!


文具王が本気で作った機能性を極めた検索ノート アクセスノートブック

これは昔から愛用している本当に使い勝手の良すぎるノート!私から色々その機能を説明するより、文具王と言われる高畑正幸さんの公式ページを見ていただいた方が良さが伝わるかと思います。

B-LABO|文具王・高畑正幸公式サイト - AccessNotebook アクセスノートブック
Array

このノートをフル活用して、自分だけの【全国通訳案内士】参考書を作っていこうと思います。その様子は、今後またこのブログでシェアしていきますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました